#JetBrainsIDEテクニック – コードフォーマット

JetBrains IDEはコーディング中は自動的にフォーマットを行ってくれますが、編集を重ねるに従って崩れてくることがあります。
必要に応じてコードの構造を理解しやすい形にフォーマットしましょう。
また、コミット時にフォーマットするようにしておけばコーディング中にフォーマットを気にする必要がなくなります。

Mac Win/Linux
コードフォーマット
Reformat Code
Opt + Cmd + L Ctrl + Alt + L
細かい設定をしてフォーマット…
Reformat File…
Shift + Opt + Cmd + L Ctrl + Alt + Shift + L

対応IDE: IntelliJ IDEA、PyCharm、Rider、GoLand、PhpStorm、RubyMine、CLion、AppCode、DataGrip、WebStorm

オンラインセミナー「履歴管理、Git(Hub)操作」 動画公開 #jbtips

先日開催いたしましたオンラインセミナー、「履歴管理、Git(Hub)操作」の動画を公開いたしました。

JetBrains IDEの自動保存の仕組みやローカルヒストリーといった履歴管理の基本や、Gitのコミット/ブランチ作成・切り替え方法、GitHubへのプッシュやプルリクエスト作成、IDE上でのコードレビューといった操作を学んでいただけます。
本編は30分程度ですのでお気軽にご試聴頂けます。

セミナーで紹介しているテクニックやショートカットは書籍「IntelliJ IDEAハンズオン」で詳しく学んでいただけます。
IntelliJ IDEAハンズオン
サムライズムより書籍をご注文頂くとショートカットシートが付属いたします。

オンラインセミナー「入門テスト駆動開発」 動画公開 #jbtips

先日開催いたしましたオンラインセミナー、「入門テスト駆動開発」の動画を公開いたしました。

テスト駆動開発の流れを学べるだけでなく、JetBrains IDEでテストコードと実装コードの間を行き来したり、テストケースを効率的に実行したり、といったテクニックを学んでいただけます。
本編は30分程度ですのでお気軽にご試聴ください。

9月25日(金) 15時〜 無料オンラインセミナー「入門テスト駆動開発」 #JBTIPS

9月25日(金) 15時より「入門テスト駆動開発」を開催いたします。
自動テストの考え方、テスト駆動開発の流れ、JetBrains IDEを使った効率的な操作方法を学んで頂ける無料オンラインセミナーです。

テスト駆動開発(TDD: Test Driven Development)はソフトウェア開発において、テストコードを先に書いてから実装、リファクタリングを進めていく開発手法です。
今回は簡単な題材(FizzBuzz)をテスト駆動で開発する様子を重要なショートカットなども交えてお伝えします。
コード自体はシンプルで皆様が普段お使いの言語、JetBrains IDE種別には依存いたしません。

紹介したテクニックについて、または普段IDEを利用していてお困りのことについてもお気軽に質問して頂けます。

本編: 15:00〜15:30
Q&A: 15:30〜

対象:
– 自動テスト、テスト駆動開発に興味がある方
– JetBrains IDEの効率的な操作方法を学びたい方
– VS CodeやEclipseなどを普段メインで利用していてJetBrains IDEに興味がある方

#JetBrainsIDEテクニック – 素速くファイルを開く

ファイル名でもクラス名でもアクション名でも、なんでも検索できるどこでも検索(Shift 2回)は有名です。
しかし検索スコープが広いためヒット件数が多く、検索結果が出るのはやや遅いです。クラス名で、ファイル名で、シンボル名で検索するショートカットを習得するとプロジェクト内のファイルを開くのが圧倒的に早くなります。

Mac Win/Linux
クラス名で開く
Go to Class
Cmd + O Ctrl + N
ファイル名で開く
Go to File
Shift + Cmd + O Ctrl + Shift + N
シンボル名で開く
Go to Symbol
Opt + Cmd + O Ctrl + Alt + Shift + N

対応IDE: IntelliJ IDEA、PyCharm、Rider、GoLand、PhpStorm、RubyMine、CLion、AppCode、DataGrip、WebStorm

#JetBrainsIDEテクニック – 素速いファイルの切り替え

タブを押してファイルを開こうとしたら誤って “x” を押してしまい閉じてしまった、なんて経験ありませんか?
ファイル切り替えのショートカットを知っていれば、さっきまで開いていた目的のファイルを素速く開き直すことができます。

Mac Win/Linux
最近開いたファイル
Recent Files
Cmd + E Ctrl + E
最近編集したファイル
Changed Only Files
Cmd + E, Cmd + E Ctrl + E, Ctrl + E
一つ前のファイル
Switcher
Ctrl + Tab

対応IDE: IntelliJ IDEA、PyCharm、Rider、GoLand、PhpStorm、RubyMine、CLion、AppCode、DataGrip、WebStorm

#JetBrainsIDEテクニック macOSの基本設定

JetBrainsのIDEはマルチプラットフォーム対応でどのOSでも快適にご利用いただけます。
macOSについて、特に最初に設定しておくと快適になる項目をまとめました。
事前に設定をしてコード補完やアクション検索、実行など重要なショートカットが効かなかったり、バックスラッシュが入力できなかったりといった問題を未然に防ぎましょう。

対応IDE: IntelliJ IDEA、PyCharm、Rider、GoLand、PhpStorm、RubyMine、CLion、AppCode、DataGrip、WebStorm

#JetBrainsIDEテクニック – Dockerインテグレーション

JetBrains IDEはデフォルトでDockerをサポートしています。IDEからDockerコンテナの起動や停止、ログの閲覧を行えるだけでなく、コンテナ内のファイルシステムまで覗くことが出来ます。

対応IDE: IntelliJ IDEA、PyCharm、Rider、GoLand、PhpStorm、RubyMine、CLion、AppCode、DataGrip、WebStorm
CLionとAppCodeはデフォルトではプラグインがインストールされていません。設定→Plugins→Marketplaceよりインストールしてください。